個人事業主が自宅以外の住所で開業でする方法は??実家でも可能!?



※本記事はアフィリエイトリンクを利用しています。

開業をしたいけど、自宅の住所はあまり使いたくないという方少ないでしょう。

そこで今回は、個人事業主が開業をする際に自宅以外の住所で開業する方法を紹介していきます。

この記事は以下のような方にオススメの内容となっています。

  • 自宅以外で開業したい
  • 実家で開業を考えている
  • コストを抑えてオフィスを利用したい

個人事業主になるには住所登録が必要!!

個人事業主になるには住所登録が必要!! 日本で個人事業主として開業するためには、住所登録が必要です。

この住所登録とは、自治体に対して事業する上でどの住所で事業をするのかを申告することを指します。

以下の場面で住所登録は必要となってきます。

住所登録が必要な場面
  • 開業届の提出
  • 住民票の提出
  • 郵便物の受取

開業届の提出

個人事業主として開業する場合、事業開始から1ヶ月以内に税務署に「個人事業の開業・廃業等届出書」を提出する必要があります。

この届出書には、事業を行う住所を入力しましょう。

住民票の提出

一部の自治体では、開業届を提出する際に住民票の写しを求める場合がございます。

そのため、住民票をまだ現在の住所に移していない場合は、移すようにしましょう。

郵便物の受取

税務署からの書類を受け取る際に住所登録をしていないと受け取れないので、必ず書類を受け取れる住所の登録を行いましょう。

基本的に税務署からの書類は、開業届やe-Tax(納税システム)に登録した住所を元に届けられます。

個人事業主は実家の住所で開業できる??

個人事業主は実家の住所で開業できる?? 結論、開業する際、実家の住所でも開業は可能です。

しかし、実家の住所で開業する前に以下についての確認は必要となります。

  • 家族の同意
  • 賃貸契約の確認
  • 自治体の規制

家族の同意

実家の住所を利用する際、まずは家族の同意が必要となります。

事業の住所として公開することになるので、後から揉め事にならないように事前に確認しておきましょう。

賃貸契約の確認

実家が賃貸の場合は、家主に事業用として住所を利用していいか確認しておきましょう。

最悪の場合、家主から追い出される可能性もあるので、注意が必要です。

自治体の規制

一部の自治体では、住宅地での事業活動に制限を設けている場合があります。

例えば、大規模な商業活動や騒音を伴う事業が制限されていることがあります。

この点について、事前に自治体に確認することが望ましいです。

自宅以外の住所を利用するならバーチャルオフィス!!

ネットショップ事業をしたいけど、自宅の住所バレは怖い…

信用性を高めるために自宅ではなく事業用住所を利用したい

上記のように自宅以外の住所を事業として利用したいという方も少なくないでしょう。

そんな方にオススメなのが、バーチャルオフィスです。 バーチャルオフィスなら、事業用の住所を格安で利用できます。

バーチャルオフィスって??

格安で事業用住所の貸し出しを行なっているオフィスサービスのことです。

住所だけでなく、電話転送や郵便物の転送などのサービスもあります。

バーチャルオフィスを事業用住所として利用するメリット

バーチャルオフィスを事業用住所として利用するメリットは以下の3つになります。

  • プライバシーを守ることができる
  • 社会的信用が向上する
  • コストを抑えれる

それぞれ解説していきます。

プライバシーを守ることができる

自宅住所を公開せずに済むため、個人情報や家族のプライバシーを守ることができます。

また、顧客や取引先が自宅に訪れるリスクを避けることができ、安全性が向上します。

社会的信用が向上する

バーチャルオフィスは通常、ビジネス街や商業エリアの一等地に住所を構えることができます。

これにより、事業の信頼性や信用性が向上し、顧客や取引先に対して、より信頼感を与えることができます。

コストを抑えれる

自宅以外の住所を利用する方法として、事業用オフィスやレンタルオフィスを借りる方法も挙げられます。

ですが、このような物理的なオフィスを借りる場合に比べて、バーチャルオフィスの利用料は非常に低く抑えられます。

また、オフィススペースを実際に利用する必要がないため、光熱費や家具の購入、維持費などのコストも削減できます。

さらに、必要に応じて会議室やラウンジを利用できるため、柔軟な働き方が可能です。

バーチャルオフィスを事業用住所として利用するデメリット

先ほど、バーチャルオフィスのメリットについて紹介してきましたが、以下のようなデメリットもありますので、頭に入れておきましょう。

  • 商談や会議に不向き
  • 一部事業では利用できない

商談や会議に不向き

バーチャルオフィスは基本的に住所のみを提供するサービスであり、常に使用できる物理的なオフィススペースはありません。

会議や商談が必要な場合、予約が必要であり、使用可能なスペースが限られることがあります。 急な対応が難しくなる場合もあります。

注意

サービスによってはオプションで会議室などの利用が可能ですが、別途費用がかかります。

一部事業では利用できない

一部の自治体や業種では、事業所としてバーチャルオフィスの住所を認めない場合があります。

例えば、以下のような業種は特定の許認可が必要な事業や法人登記を行う際に、バーチャルオフィスの住所では対応できないことがあります。

  • 税理士
  • 弁護士
  • 司法書士
  • 行政書士
  • 人材派遣業
  • 古物商
  • 有料職業紹介業
  • 宅地建物取引業
  • 金融商品取引業
  • 産業廃棄物収集運搬業など

自宅以外の住所を選定する際の注意点

自宅以外の住所を選定する際の注意点

先ほどバーチャルオフィスについて紹介していきましたが、それ以外の方法で事業用の住所を選定する方もいらっしゃると思います。

そこで、バーチャルオフィスも含めて自宅以外の住所を選定する際に注意すべき点を紹介していきます。

  • 利用するエリア
  • コスト
  • サービス内容
  • 許認可取得の可否

上記の点を注意することで、ビジネスの運営の効率性を高めることができます。

それぞれどのあたりを注意したらいいのか解説していきます。

利用するエリア

事業用住所を選ぶ際、利用する住所がどのようなエリアなのか重要になってきます。

なるべく、ビジネス街から離れたエリアではなく、ビジネス街や商業エリアの住所を選ぶようにしましょう。

これにより、顧客や取引先に対して信用性や信頼性を高めることができます。

コスト

個人事業主になりたての頃は、金銭的にも厳しい状態という方がほとんどです。

そんな中、家賃が8万円もするオフィスを借りたり、月に10万円するレンタルオフィスを借りるのは出費が大きいため、金銭的に余裕がない方には、あまりオススメしません。

住所の利用は固定費がかかるため、ここのコストを抑えることで抑えた分他の経費に回せて事業を拡大しやすくなります。

そのため、初めはバーチャルオフィスのような月に数千円で住所利用できるサービスを利用するようにしましょう。

サービス内容

事業用住所の利用だけでなく、他のサービスの利用が可能なところがあります。

例えば、レンタルオフィスやバーチャルオフィスであれば、電話転送や郵便物の転送、会議室の貸し出しなどです。

これらは追加でコストをかけることで利用できますが、不要なオプションにコストをかけるのは勿体無いので、自分に必要なオプションは何かを決めておきましょう。

許認可取得の可否

先ほども少し触れましたが、住所を借りる場所によって、開業ができなかったりするケースがあります。 そのため、開業をする前から、利用を考えている住所で開業ができるかの確認を行っておきましょう。

個人事業主にオススメのバーチャルオフィス

バーチャルオフィスの住所を事業用住所として利用されたい個人事業主の方にオススメのバーチャルオフィス以下の5つになります。

  • GMOオフィスサポート
  • DMMバーチャルオフィス
  • レゾナンス
  • ユナイテッドオフィス
  • バーチャルオフィス1

それぞれどんなオフィスなのか詳しく紹介していきます。

GMOオフィスサポート

GMOオフィスサポートのバーチャルオフィスサービスは、GMOが運営している月額660円から利用可能で、初期費用無料のバーチャルオフィスです。

このサービスは、渋谷、新宿、銀座など全国12カ所の一等地にあるビルの住所を提供し、法人登記も可能です。

さらに、新規契約者には初年度の基本料金が25%割引される特典があり、最大12ヶ月分の無料キャンペーンも実施されています。

また、ビジネス支援サービスとして事業計画書のフォーマット提供なども行っており、起業やフリーランス活動を支援するための充実したサポートが用意されています。

初年度月300円〜

DMMバーチャルオフィス

DMMバーチャルオフィスは、DMMが運営している業界最安水準の月額660円から利用できるバーチャルオフィスです。

東京、横浜、大阪の一等地の住所を法人登記に使用でき、郵便物転送や固定電話番号の提供も行っています。

DMMの特徴として、オンラインで手続きが完結し、即日利用が可能である点が挙げられます。

これにより、迅速かつ効率的に事業を開始できる利便性を提供しています。

DMMが運営

レゾナンス

レゾナンスのバーチャルオフィスは、月額990円から利用可能な低コストの住所貸しサービスを提供しています。

東京と横浜の8つの好立地(浜松町、青山、銀座、日本橋、渋谷、恵比寿、新宿、横浜)に拠点があり、法人登記が可能です​。

このサービスの主な特徴として、郵便物の転送や写真通知があり、郵便物をリアルタイムで確認することができます。

また、各店舗には常駐スタッフがいるため、来店して直接郵便物を受け取ることも可能です。

法人設立サポートも充実しており、「スマホde会社設立」を利用すると、通常発生する収入印紙代4万円が無料になる特典もあります。

顧客満足度No.1

ユナイテッドオフィス

ユナイテッドオフィスは、月額2,310円から利用でき、青山、銀座、日本橋、渋谷、表参道、虎ノ門、新宿などの東京都内一等地に拠点を展開しているバーチャルオフィスです。

どの拠点も駅から徒歩数分以内のアクセスが良い立地にあり、法人登記が可能な住所を提供しています​。

このサービスには、郵便物の受取り・管理、郵便物の転送、専用電話番号、電話転送サービス、電話秘書代行サービス、共有FAX、貸会議室の利用が含まれています。

さらに、ユナイテッドオフィスは会議室の利用も提供しており、1室1~4名用の部屋が30分250円、14名までの部屋が30分500円というリーズナブルな価格設定です。

法人設立サポートも充実しており、株式・合同会社設立の登記代行サービスを5,500円で提供しています。

また、ユナイテッドオフィスは2005年に設立され、長年にわたって信頼性の高いサービスを提供してきた実績があります。

20年の実績

バーチャルオフィス1

バーチャルオフィス1は、東京都渋谷区と広島市中区に拠点を持つ、月額880円から利用可能な格安バーチャルオフィスです。

法人登記や住所利用、週1回の郵便転送、郵便物の受取通知(LINE通知)、郵便物の来館受取、会議室の利用(有料)などが含まれており、非常にコストパフォーマンスが高い点が特徴です​。

特に、郵便物の転送費用が50g以内で150円と非常に安価で、簡易書留等の代理受取でも追加手数料が発生しないことが、利用者に好評です。

また、DM(ダイレクトメール)の一括破棄サービスも提供しており、不要な郵便物の転送費用を削減することができます。

さらに、法人登記をサポートする司法書士や税務会計を支援する税理士の紹介サービスも行っており、起業や副業を支援するための様々なサービスを連携しています。

バーチャルオフィス1は、シンプルで明瞭な料金プランを提供し、コストを抑えつつも充実したサービスを提供することで、フリーランスや起業家にとって非常に魅力的な選択肢となっています​。

ワンプランでシンプル!!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。