個人事業主で住所がバレるケースと対処法とは??バーチャルオフィスがオススメ!!

※本記事はアフィリエイトリンクを利用しています。

個人事業主でビジネスをしてる人の中には、自宅の住所を利用されている方も少なくないでしょう。

ですが、自宅の住所をビジネスで利用することで、様々なリスクがあります。

そこで今回は、個人事業主が自宅以外の住所を利用する方法を紹介していきます。

個人事業主で住所がバレるケース

個人事業主で住所がバレるケース

個人事業主で住所がバレるケースとして主に以下の3つが挙げれられます。

  • 名刺交換 
  • ECサイトの公開
  • HPの公開

名刺交換

個人事業主の場合、多くが自宅を事務所の住所として名刺に記載していることがあります。

これにより、名刺交換をする度に自宅の住所を交換先に知られることになるので、様々な危険性があります。

ECサイトの公開

ECサイトを運営する際にも住所がバレるリスクがあります。

事業者情報として、特に消費者契約法に基づく表記義務があるため、運営者の住所が公開されることになります。

個人事業主が自宅住所をそのまま事業所として使用している場合、ECサイト上で自宅住所を公開することになり、これにより不特定多数の人々に住所を知られることになります。

HPの公開

自身のホームページを公開することも、住所がバレる要因の一つです。

ホームページに事業者としての連絡先を記載することが一般的で、特にビジネスを行う上で信頼性を高めるためには、住所情報の掲載が重要視されることがあります。

しかし、 これにより自宅住所がインターネット上で公開され、不特定多数の人々にアクセスされるリスクが生じます。

これらのケースでは、住所を公開することがビジネス上必要とされる一方で、プライバシーやセキュリティの保護も重要になってきます。

住所バレしたくない個人事業主の対処法とは??

住所バレしたくない個人事業主の対処法

住所バレしたくない個人事業主の対象法として以下の2つが挙げられます。

  • 事務所を借りる
  • バーチャルオフィスを使う

事務所を借りる

個人事業主にとって、実際の事務所を借りることは、ビジネスとプライベートの完全な分離を実現する一つの方法と言えます。

事務所を借りることで、お客さんと会ったり、仕事に集中する場所ができます。

また、 仕事用の住所として使えるので、自宅の住所を人に教える必要がなくなります。

ただし、オフィスを借りる上で、家賃や電気代などのランニングコストがかかるため、契約する際は、よく考えるようにしましょう。

バーチャルオフィスを使う

バーチャルオフィスは、 低コストで事業所の住所を借りることができ、自宅の住所を公開せずにビジネスを行うことができます。

バーチャルオフィスは、住所を借りる以外にも郵便物の転送サービス、専用の電話番号と電話応対サービス、必要に応じた会議室の利用など、多くのサポートを受けることができます。

個人事業主にはバーチャルオフィスがオススメ

住所バレしたくない個人事業主の対象法として、事務所を借りるよりもバーチャルオフィスを利用することを強くオススメします。

理由は以下の4つです。

  • 利用料が安い
  • 転送サービスや郵便受け取りが利用できる
  • ミーティングスペースの利用が可能
  • 電話代行サービスの利用が可能

利用料が安い

バーチャルオフィスは、物理的なオフィススペースを持たないため、家賃や光熱費などのコストがかかりません。

そのため、実際のオフィスを借りるよりもずっと経済的です。

月額料金は低く、初期費用も少ないため、資金がない個人事業主にはオススメです。

転送サービスや郵便受け取りが利用できる

バーチャルオフィスでは、郵便物や荷物の転送サービスを利用できます。

自分の住所を公開せずに、仕事関連の郵便物をバーチャルオフィスの住所で受け取り、希望の場所に転送してもらえます。

これによりプライバシーを保ちつつ、取引先との郵送をスムーズに行えます。

ミーティングスペースの利用が可能

多くのバーチャルオフィスでは、会議室やミーティングスペースも提供しています。

これらのスペースは予約制で、 クライアントとの商談やチームミーティングに利用できます。

自宅での会議が難しい人はバーチャルオフィスのこのようなサービスを利用するのも良いでしょう。

電話代行サービスの利用が可能

バーチャルオフィスでは、電話代行サービスも提供されています。

専門のスタッフが電話を代わりに受けてくれるため、忙しい時でも重要な電話を逃さずに済みます。

これにより、常に丁寧な対応が可能になり、信頼感を高めることができます。

バーチャルオフィスを利用する際の注意点とは??

バーチャルオフィスを利用する際の注意点

バーチャルオフィスについてオススメしてきましたが、利用する上で注意点もあるので、頭に入れておきましょう。

  • 開業届の住所変更を行う
  • 所得税の納税地の異動の届け出を行う

開業届けの住所変更を行う

バーチャルオフィスの住所を事業の住所として利用する場合、税務署に提出した開業届けにバーチャルオフィスの住所に変更する必要があります。

個人事業主の場合は、「個人事業の開業・廃業等届出書」となります。

この住所変更を行わないと、税務署などの公的機関が正確な事業所の住所を把握できないため、法的に問題が生じる可能性があります。

所得税の納税地の異動の届け出を行う

バーチャルオフィスの住所を納税地とする場合、 国税庁からダウンロードできる「所得税・消費税の納税地の異動又は変更に関する届出書」を提出する必要があります。

この届け出書には、変更前の納税地と変更後の納税地、及び変更する理由を記載します。

税務手続きの正確性と効率性を確保するため、必ずこのような手続きを行いましょう。

個人事業主にオススメのバーチャルオフィス3選!!

個人事業主にオススメのバーチャルオフィスを3つ紹介していきます。

レゾナンス

レゾナンスは、東京と横浜に位置する格安のバーチャルオフィスサービスです。

このサービスの主な特徴は、 月額990円という価格で一等地の住所を利用することができます。

また、住所貸しサービスに加えて、郵便物の転送や電話代行などのオプションも提供しています。

さらに、会員限定で30種類以上のビジネス支援サービスや全国のホテルをワークスペースとして利用できる特典もあります。

業界人気No.1

DMMバーチャルオフィス

DMM バーチャルオフィスは大手DMMが運営しているバーチャルオフィスになります。

月額660円と格安で一等地の住所を利用することができます。

また、 法人口座の開設実績もあり、ユーザー満足度97%と評価が高いのも特徴です。

DMMグループが運営

GMOオフィスサポート

GMOオフィスサポートは、大手GMOが運営しているバーチャルオフィスです。

月額660円から住所を借りることができ、ユーザー数は1万人を超えています。

さらにビジネスクレジットカードの作成、個人事業主口座開設などの特典も付いています。

今なら3ヶ月分無料キャンペーンを行なっているので、この機会に入会すると良いでしょう。

GMOグループが運営

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。