ココナラで住所や電話番号がバレる??バレない方法はあるの??

※本記事はアフィリエイトリンクを利用しています。

事業として業界No.1のスキルマーケットである「ココナラ」を利用されている方多いのではないでしょうか。

ですが、ココナラを利用する上で住所や電話番号などの個人情報が漏れないか心配している方も少なくないでしょう。

そこで今回は、ココナラで個人情報が取引先にバレてしまうのか、対処法などについて紹介していきます。

ココナラでの取引で個人情報はバレる??

ココナラでの取引で個人情報はバレる??

ココナラのプラットフォーム上での購入者と出品者間のやり取りは、 基本的に専用のページで行われ、第三者には見られないようになっており、取引先にも住所や電話番号は公開されないようになっています。

そのため、利用者は安心して取引できます。

ですが、中には例外もあるので、次章で解説していきます。

ココナラで個人情報がバレるケースとは??

先ほど、基本的にココナラを利用する上で個人情報が漏れる心配はないことを紹介しましたが、例外があります。

以下のようなケースだと、個人情報が取引相手にバレてしまうことがあるので、利用する前にしっかり頭に入れておきましょう。

  • 物品配送の場合
  • 契約書や納品書を依頼された場合

物品配送の場合

ココナラでは、以下の一部のカテゴリのサービスにおいて「物品配送」に対応しています。

  • イラスト・漫画
  • デザイン
  • 音楽・ナレーション
  • 動画・アニメーション・撮影
  • ビジネス代行・コンサル・士業
  • IT・プログラミング・開発
  • ライティング・翻訳
  • 住まい・美容・生活・趣味

物品配送に対応した商品を出品あるいは購入した場合は、お互いの住所がバレてしまうことになります。

しかし、 外部のヤマトの匿名配送サービスを活用すれば、お互いの住所がバレずに配送が可能となります。

契約書や納品書を依頼された場合

購入者から契約書や納品書を求められた場合、取引のトラブルのリスクを抑えるために基本的にはそれらの書類に住所や電話番号の記載が必要となります。

その際、どうしても購入者に住所や電話番号がバレしまいます。

事務所の住所や電話番号であれば、気にならないと思いますが、自宅の住所と電話番号の記載をする場合、プライベートでも利用されているものなので、気になる方も多いと思います。

そのような方は、事務所を借りたりすることも検討してみても良いでしょう。

バーチャルオフィスを使えば安心!!

バーチャルオフィスを使えば安心!!

ココナラを利用するのにわざわざ事務所を借りたりするのは、金銭的負担も大きく、中々ハードルが高いですよね。

そんな方にオススメなのが、バーチャルオフィスです。

バーチャルオフィスであれば、物理的に事務所を借りずに、住所だけを借りることができます。

住所を借りるだけであれば、月額1000円以内で利用できるので、住所バレが怖い人は、バーチャルオフィスを利用してみてはいかがでしょうか。

また、オプションを付けることで住所の利用以外にも様々なサービスが利用できます。

住所利用以外のサービス

  • 電話番号の貸し出し
  • 郵便物の受け取りや転送
  • 会議室の利用

オススメのバーチャルオフィス3選!!

ココナラでバーチャルオフィスを利用する場合、住所の利用だけで問題ないと思うので、住所の利用だけが可能なオススメのバーチャルオフィスを3つ紹介します!!

レゾナンス

レゾナンスは、費用を抑えたい起業家やフリーランスに最適なサービスです。

月額990円からの低価格プランが特徴で、これには法人登記可能な住所提供や郵便物の無料通知サービスも含まれます。

また、法人設立支援や法人クレジットカード申込みなど、ビジネス成長をサポートする多彩なサービスも提供しています。

ユーザーからはコストパフォーマンスの高さとスタッフの丁寧な対応で高評価を得ています。

業界人気No.1

GMOオフィスサポート

GMOオフィスサポートは、GMOグループが運営しているバーチャルオフィスで、
業界でも特に低価格で知られており、月額660円からというコストパフォーマンスの高い料金体系が最大の魅力です。

初期費用が不要で、法人登記にも対応可能な点も利用者にとって大きな利点となります。

GMOオフィスサポートは、東京都内をはじめとする全国各地の一等地に拠点を持ち、ビジネスの信頼性を高める住所利用が可能です。

サービス内容には、住所貸し・住所レンタルに加え、郵便物の受け取りや転送サービスも含まれています。

オプションとして、郵便物の写真通知や即時転送サービスなども提供されており、これにより利用者は自分のニーズに応じて柔軟にサービスをカスタマイズすることができます。

GMOグループが運営

DMMバーチャルオフィス

DMM バーチャルオフィスは、DMMグループが運営しており、GMOオフィスサポート同様に月額660円からのプランが用意されています。

これにより、低予算でも信頼できる住所を利用することが可能になります。

年間契約を選択することでさらに料金を抑えることができ、ビジネスプランのみ荷物の転送や到着荷物の写真通知サービスを利用できます。

また、DMMバーチャルオフィスは契約者特典も充実しており、freee会社設立サポートやクレジットカードサービス、会計ソフトなど多岐にわたるサービスの優遇を受けることができます。

DMMグループが運営

まとめ:バーチャルオフィスを活用してココナラを利用するのが安心!!

ココナラのようなプラットフォームを利用する際には、個人情報の安全を保つことが重要です。

特に、購入者から契約書や納品書を求められる場合、自宅の住所や電話番号を公開することに不安を感じる方も多いでしょう。

このような状況において、バーチャルオフィスの利用は理想的な解決策となります。

今回紹介したレゾナンス、GMOオフィスサポート、DMMバーチャルオフィスなどのサービスは、住所の貸し出しや郵便物の受け取り、電話番号の提供など、多様なオプションを低価格で提供しています。

これにより、個人のプライバシーを守りつつ、ビジネスの信頼性を保つことが可能になります。

バーチャルオフィスを活用することで、個人情報の漏洩リスクを最小限に抑えつつ、安心してココナラでビジネスをすることができます。

業界人気No.1

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。